2005年 02月 23日

本気のブログプロモーション

[N]ネタフルさんの記事でブラザー社員によるblogが開設されているのを知り、早速読んでみたのだが、なかなか面白いので正直驚いた。

[N] ブラザー社員ブログ「brotherhood」

ブログを始めた「松原さん」に会社の先輩たちから、「blogで会社を解雇されたニュース」や「「企業がブログを使った最悪の事例」なんてニュースを添付して、『既にご存知と思いますが、参考まで。がんばってね~』と(原文そのまんまです)」(多分これはこの記事ではないかと思える)というメールが続々と届いているという事で、それに対してのコメントが…

あんたら敵ですか、味方ですか?・・・

人を不安に陥れるのだけは止めてください・・・。ただでさえいつも原稿書くのに手が震えてるんですから。こうしている今だって震えてるんです。


であったり、読者からのお褒めの言葉に対して…

ウァーン。泣けてきます。この感情を是非絵文字で表現したいです。うっ・・・。でも厳しい監視がついているので、ここはサラリーマン松原、ぐっと我慢です。会社のブログでも絵文字を使えるようにするべく、会議を開いて、上の人説得したいと思います。弊社創業97年になりますが、会社史上初の議題となることでしょう。

と返したりと、ネットユーザーのツボを突く文章満載となっている。

そして「サラリーマンだから宣伝もしなくちゃならない」と商品やサービスについての記述もきちんとある訳で、「うんうん、そりゃサラリーマンだから仕方無いよな~宣伝だもの」とIT田みつほみたいな気分で許せるのである。

企業の宣伝・マーケティングblogといえども、こういう内容に接すると、店頭に行ったとき自然とブラザー商品を気にするのではないだろうか。

実際日本では、まだまだブログを宣伝・マーケティングに本格的に使った事例は少なく(アリエール困ったさんと日産ティーダ位か?)、あったとしてもいかにも宣伝の為に「blogという(最新の)仕組みを使ってみましたがこれで口コミマーケティングでどんどんファンが増えるんでしょうか?」というレベルでしかなかったように見受けられる。

brotherhoodについては、明示的にブログをマーケティングに使用して、本当の意味での「親しみやすさ」を醸し出せた最初の事例になるのではないかと思える。

それは例えば、正面から取り組んでいるこういうタイプと比較すれば、申し訳ないがかなり明白ではないだろうか。

それにしても自分的には、元記事のVenture Nowはメルマガも取って結構チェックしてたのに反応し切れなかったのが残念でならない…

あと試しに書いてみたいのが“ブラザーのレーザープリンタ「HL-2040」欲しい!”というキーワード。
はてなのユーザーしか駄目だというけど、ちょっと狭量なのでは?>はてなさん
blogのバイラル効果に期待するなら、そこで「囲い込む」事に固執するのはブランド戦略上あまり良い選択とは思えないのだが…

c0049202_1284451.jpg

[PR]

by lunatic-party | 2005-02-23 01:25 | プロモーション


<< Googleの広告      お粗末…(どいつもこいつも…) >>